DVDコピーを業者に依頼することについて

あなたはDVDのコピーを業者に依頼したことはありますか。
今回はコピーを業者に依頼する流れを説明し、気をつけるポイントを紹介します。
まず業者とはいえど、法律を違反することはできないため、販売やレンタルDVD、テレビを録画したVHSテープやDVDなどの著作物に関する場合は保存目的であっても、複製は断られてしまいます。
家の押し入れの奥にしまっているビデオは劣化してしまうもので、DVDに残したい方も多いと多いと思いますが、個人撮影などのデータでない限り複製はできないため、覚えておいてくださいね。
依頼の流れはとてもシンプルで自分がコピーして欲しいデータの注文を業者に依頼をし、それぞれの業者が用意している入稿方法でデータを入稿します。
業者によっては店頭での扱いしかできない所や、オンラインでの扱いもできる所があるなど、入稿方法はさまざまなので自分に合った業者を見つけましょう。
入稿が完了したら作業に入って頂き、正式な金額や納期を教えてもらいましょう。
そして作業が完了したら納品して頂き支払いを行ないましょう。
納品方法も業者によってさまざまですが、基本はDVDに入れて納品して頂けますが、場合によってはオンラインでしか受け取れない場合もあるので、注意が必要です。
あなたもDVDコピーを業者に行なう際には依頼の流れを把握をし、トラブルにならないようにしましょう。
あなたが昔の思い出に触れる機会が増えることを期待しています。

関連する記事

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫